HOME

■クレジットカードの国際ブランドのディスカバーとは

クレジットカードの国際ブランドは、あまり知られていないものもあります。しかし、国際的に利用できる、としているブランドもある、ということはしっかりと覚えておかなければなりません。

このサイトではクレジットカードの国際ブランドを6つ紹介していきます。実際にどのような特徴を持ったカードが有るのでしょうか。あなたにとって利用しやすいブランドはあるのでしょうか。確認していきましょう。

ちなみに今回紹介するのはディスカバーです。あまり知られていないタイプの国際ブランドかもしれません。

■国際ブランドのディスカバーとは?

・日本国内では発行されていない

世界的には有名な国際ブランドですが、国内のクレジットカードでディスカバーのものはありません。ですから日本では馴染みのないクレジットカードなんです。

ただし、会員数や加盟店数が少ないわけではありません。海外でクレジットカードを利用する機会がある、という方には注目すべきクレジットカードブランドの一つです。

・ディスカバーの会員数・・・5,000万人以上
・加盟店・・・400万以上

・JCBと提携している

ディスカバーですが、実は国内ではJCBと提携しています。ですから国内の利用も問題ありません。海外での発行をする時にはディスカバーを選択する、ということも考えてよいわけです。

■クレジットカードの国際ブランドの銀聯とは

ディスカバーと同じように、クレジットカード位の国際ブランドとしてはそれほど有名ではないのが銀聯です。ただし、銀聯はその波高枚数がものすごいことになっているのです。世界で最も多い発行枚数を誇る、と言われています。

実はクレジットカードの国際ブランドである銀聯ですが中国のクレジットカードブランドなんです。だからこそ、ものすごい数の発行枚数を誇ります。

こちらでは銀聯の特徴に迫ります。

■名実ともに世界を席巻しているブランド!

・取扱高・・・1兆9,000億ドル
・カード発行累計枚数・・・50億枚

※2015年第1四半期の発表より

取扱代価に関してはVISAを凌駕しています。ついに世界ナンバーワンのクレジットカードの国際ブランドとなったのです。
そこで気になってくるのが、そもそも銀聯カードは国内では利用しやすいのか、という部分ですよね。

・国内ではまだ利用できるところは少ない

中国人観光客がよく立ち寄るお店などでは対応していることも増えてきましたが、まだまだ国内の加盟店は少なめです。
ただし、逆に考えると中国に旅行へ行く方や出張で行く、という方に関して銀聯は必須でもあります。中国国内の加盟店数が極めて多いからです。

今後銀聯カードはさらに大きな注目を集めるはずです。いまから注目しておきましょう。

■クレジットカードの国際ブランドのマスターとは

クレジットカードの国際ブランドの中でも、利用者が非常に多いのがMasterCardです。日本国内にも利用している方は数多くおり、最も有名なクレジットカードの国際ブランドであるVISAに匹敵するのではないか、といったことも言われているほどです。

では、実際にMasterCardにはどんな特徴があるのでしょうか。確かめてみましょう。

■MasterCardは非常にシェア率が高く加盟店も多い!

・シェア率の高さに注目

MasterCardのシェア率に関しては、VISAに匹敵するほどです。ほとんどさがない、と言われているほどなんですよ。実際に、VISAとMasterCardの両方を持っている、という方が多くなっているのです。
さらに注目してほしいのが加盟店の多さです。世界中にマスターカードの加盟店があります。日本国内でも使い勝手は抜群です。ネット通販でのクレジットカード決済にも利用できるケースがほとんどです。

■MasterCardはサービスも良い

PRICELESS JAPAN

プライスレスでおなじみのMasterCardですが、実際に素晴らしいサービスを多数実施しています。例えば、ホテルが割り引き利用できるんです。さらに六本木ヒルズで行われているハロウィンパレードを戦闘で楽しむことも可能。他にも様々なサービスが用意されていますよ。

■クレジットカードの国際ブランドのビザとは

クレジットカードの国際ブランドの王様といえば、ビザがあります。非常に有名であり知らない人はいない、といっても過言ではありません。しかし、VISAの本当の特徴を知っているでしょうか。内実まではよく分かっていない、という方がほとんどなのではありませんか。

「有名だし大丈夫でしょ」といった軽い気持ちで選んでいる方も多いはず。今回はVISAがどんな国際ブランドであるのかをお教えします。知った上でカードを作成すればそれだけ安心できるというものです。

■国際ブランドのVISAにはどんな特徴があるのか?

・VISA自体がカードを発行しているわけではない

JCBとカードなどでは自社でもカードを発行していますよね。しかし、VISAに関しては自社でカードを発行しているわけではありません。実は、クレジットカードのサービスは自由にあるべき、といった方針があるからなんです。要はVISAカードのサービスは、それぞれの発行会社の特色が出る、ということでもあります。

はこうする業者としても自由にサービスを設定できる、というのは大きなメリットです。何も縛るものがあるわけではありませんからね。

・全世界で利用できる

日本やアメリカだけではなく、世界各地で利用できます。加盟店数も発行枚数も、ものすごく多いのです。

■クレジットカードの国際ブランドのダイナースとは

クレジットカードの国際ブランドで最後に紹介するのはダイナースです。ダイナースも有名なカードブランドですが、大きな特徴はしっていてもその中身は良くわからない、という方がほとんどなのではありませんか。
何も特徴を知らないまま利用する、というのは非常に危険なことでもあるのです。

今回はクレジットカードの国際ブランドであるダイナースの特徴に迫ります。

■持てる人が限られている

・ダイナースの審査は厳しい

ダイナースはステータス性のあるカードなので、持つ人を選んでいます。誰でも持つことが出来るカードブランドではないので、持っている方はセレブ、といった印象で見られることになるのです。

そもそもダイナースは国際ブランドのシェアでは第6位となっており、多くの方が利用しているわけではありません。だからこそそのステータス制を維持できているのです。
ただし、最近では少し審査がゆるくなってきた、という話も出てきました。比較的ダイナースも身近な存在になってきたのです。

■素晴らしいサービスが目白押し

・高級レストランを優待価格で利用可能

一流のレストランをオトクな価格で利用できるのもダイナースカードの大きな特徴です。一流の料理をお得に楽しみたい、という方は持っておいても損のないブランドです。

■クレジットカードの国際ブランドのアメックスとは

クレジットカードの国際ブランドとして多くの方が知っているのがアメリカン・エキスプレス・カードでしょう。略してアメックス、と呼ばれています。

しかし、アメリカ根キスプレスカードにはどのような特徴があるのか、ということを知っている方は少数にとどまるのではありませんか。

今回は、アアメリカン・エキスプレス・カードの特徴に迫ります。

■アメリカン・エキスプレス・カードにはステータス性あり

・そう簡単に持てるカードではない

審査が比較的難しいカードなんです。さらに年会費も高く設定されていることが多くなっており、要は利用する人を選ぶカード、というわけです。
そう簡単に持つことが出来るカードではないので、その点は理解しておく必要があります。

だからこそ、持っている方は非常にステータスがある、と思われるわけです。信用度が高いブランドなので、サービス側の対応が変わってくる、ということも十分に考えられるわけです。

・ダイナースと同等のステータス性あり

ステータス性の高いクレジットカードとして知られているのがダイナースクラブカードです。実はそのダイナースクラブカードと、アメリカン・エキスプレス・カードはほぼ同等のステータス性を誇っています。クレジットカード業界で最高峰のカードブランドと言っても間違いではありません。

■ステータス性も抜群!人気国際ブランドのアメリカン・エキスプレス

ここまで紹介した国際ブランドはダイナースを除いて、ステータス性といったものはそれほどありません。比較的ハードルが低い国際ブランド、と言えるものなのです。今回紹介する国際ブランドですが、実は極めてステータス性が高いタイプとなっています。持っているだけでも、鼻高々、といったタイプに属しているわけです。

その国際ブランドですが「アメリカン・エキスプレス」といいます。耳にしたことがある、という方がほとんどなのではありませんか。テレビコマーシャルでもよく見かけましたよね。

今回はそのアメリカン・エキスプレスの特徴について徹底解説します。

・アメリカン・エキスプレスの特徴とは?

年会費が高めに設定されています。ステータス性が高いカードなので仕方がない、と言えるかもしれません。気軽に利用できるカードではないんです。
年会費に関しては、各カードによって大きな違いがあります。比較的低めに抑えられていることもあれば、20,000円を有に超えてしまっていることもあります。30,000円前後してしまうものもあるので気をつけましょう。

ステータス性の高い店舗で利用しやすいメリットにも注目です。たとえば高級ホテルや高級レストランで対応していることが多いのです。高級店用クレジットカード、と言っても良いかもしれません。

■JCBと連携してより便利になったアメックス

以前はアメックスブランドといえばクレジットカードの国際ブランドの中でも少し加盟店が少ないなど、日本では使い勝手があまり良くないような言われ方を残念ながらされていました。そこから数十年経過して現在ではアメックス自体の加盟店も増えてきたことのみならず、日本で多くの加盟店があるJCBとの提携も始まりJCB加盟店であれば使用できるようになってきました。

ただ、まだJCBの加盟店でアメックスブランドを受け付けてくれないこともあり実際に提携されているのか心配してしまう方も居るでしょう。でも大丈夫です、JCBの公式サイトによると
”CBカードにご加盟いただくと、JCBカードの他、アメリカン・エキスプレスのカード、ダイナースクラブカード、ディスカバーカード、銀聯カードのお取り扱いもお選びになれます。”
といったような記載もされています。つまり公式にはしっかりとブランド間の連携がされていることが記載されているんですね。提携されたことが最近なこともあり、まだアメックス対応のステッカーなどが貼られていないこともありますが問題なく使用できるところが多いはずです。ただ、残念ながら全てのJCB加盟店が対応しているわけではなくJCBと直接加盟店契約を結ばずに間に代理店を挟んでいる場合などはまだアメックスとの提携ができていない場合もあります。

全てのJCB加盟店でアメックスが使えるわけではないですが、結果として2016年末現在でアメックスが使用できない加盟店はクレジットカード対応店の5-10%だといわれています。これはJCBの加盟店のうちこれぐらいの割合で直接契約ではなくアメックスが対応していない代理店を使用していると言われているからです。国際ブランドとしてアメックスを選択することを躊躇する理由として、なんとなく加盟店が少ない・利用可能なのかどうか分からず心配だということがあるようです。しかし、先ほどから述べていますがJCBとのブランド提携によって使用できる加盟店は非常に増加しています。そのため加盟店の少なさで申し込みを躊躇していたような方はこの機会に申し込みをしてもらいたいと思っています。

アメックスはブランドとしての価値が非常に高いクレジットカードの一つです。加盟店の少なさがネックになっていた時期もありますが今はVISAやJCBと変わらないぐらい利用可能ですので安心してアメックスブランドを活用してもらいたいと思います。
クレジットカードの達人で比較してみてください。