ブランド力の高いアメックスでプラチナカードを体験しよう

■アメックスを持つのに向いている人向かない人

様々な側面で通常のクレジットカードとは一味もふた味も違ったクレジットカードブランドとして取り扱われているアメックスですがいったいどのような人がホルダーに向いているのでしょうか。これからアメックスのクレジットカードを発行してもらいたい、でも悩んでいるという方のために複数の項目から判断してみました。

・アメックスブランドはプロパーカードがよいか
アメックスもプロパーカードと提携カードの両方を発行しています。基本的な考えとしてプロパーカードのほうが年会費が高く付帯されているサービスの質も高く量も多いです。それに対して提携カードは付帯されているサービスの質や量は少し劣りますが、提携先が独自に提供しているサービスが付加されますので結果として広く浅いサービスが提供されます。旅行や買い物の面で優待を受けたいという方はプロパーカードを使用するべきでしょう、そうでない方は提携カードでもアメックスのブランド力を感じることが出来ると思います。

・ランクアップを狙っているか
アメックスの最上位カードとしてセンチュリオン(いわゆるブラックカード)があります。ここまでは目指せなくてもその一つしたのプラチナカードをいつかは持ちたいと夢見ている人も居るでしょう。そういった方はプロパーのアメックスを持つことが必須です。提携カードではいくら利用実績がよくともプロパーのインビテーションは来ませんので注意が必要です。逆にそういったランクアップの意識が無いのであれば、年会費が安く抑えられる提携カードを利用したほうが経済的でしょう。

・社会的地位の高さを証明したいか
いきなり何のことかと思うかもしれませんが、海外ではプロパーのアメックスホルダーはそれなりに社会的地位が高いと判断されています。それだけブランドとしての信頼感が高いということですね。ホテルなどの利用においてもアメックスで支払う旨を伝えるとそれだけで安心感のある人と判断されることもあります。日本でしか使わない人にはこのような面では全くおすすめできないのですが、海外、特に北米に行く人や北米ではなくともホテルやレストランを良く利用するという方にはステータスの証明としておすすめしておきたいのがアメックスです。

・ポイントをためたい人にはそこまで向かない
残念ながらアメックスは他の高ポイント還元クレジットカードに比べると少し還元率は劣ってしまいます。そのため全力でポイントを貯めたいという人には少しおすすめできません。しかしながら、ポイントサービスとブランドの提供サービスの合わせ技で考えたときはかなりレベルの高いクレジットカードですので複数の側面から票買うすることが大切でしょう。

■数ヶ月で感じられるアメックスのメリット

クレジットカードブランドとして人気が高いアメックスですが、しっかりと活用すればそのメリットは数ヶ月で体感することが出来ます。今回は私がアメックスゴールドカードを作成し、さすがアメックスのブランド力だなと感じたことを交えながらどのような場面でアメックスブランドにして良かったかを紹介していきたいと思います。

まず最初に限度額の取り扱いについてです。多くのクレジットカードはネットなどから現在の利用状況を確認できるのと同時に、残りどれぐらいの金額を使用できるのかということが公開されていると思います。つまるところの限度額ですね。しかしながら、アメックスにはこのような具体的な値の公表というのはされていません。それを知る方法としては会員デスクに問い合わせをして、○○円使いたいが可能かどうかとたずねるしかないのです。私がこの時点で所有していた限度額はおおよそ30万円であり、ブランド価値が高くとも少々使いにくいのでは!?と思った瞬間でもありました。しかし、アメックスには別のメリットがありました。それは限度額を引き上げるということをしなくとも前払いしておけばアメックスを活用できるということです。使った分は一括でしか支払いをしないのがアメックスですのでどうしても使いたいときはデポジットできるのはなかなか魅力的でした。

次にアメックスのブランド力の強さを感じるのはゴールドデスクであってもしっかりと電話に繋がることです。他社のゴールドカードも使用していますが、中にはゴールドデスクとはいうもののなかなか電話が繋がらず使い勝手が悪いものもありました。しかしアメックスに関しては違います。確かにタイミング的に問い合わせが多くなる時期は多少の待ち時間が発生しますが多くはほとんど待ち時間も無くスムーズに問い合わせすることが出来ます。アメックスはこういった人に対するサポートが充実しているということがブランドの強みでもありますので問い合わせがすぐに出来るというのは嬉しいポイントです。

最後にちょうどアメックスを利用してホテルを利用したときにもブランド力を感じることがありました。アメックスの会員向けサイトからホテルの予約をしたのですが、チェックインする当日になっていきなりワンランク上の高層階フロアが空いているのでご利用されますかと案内されたのです。詳しく聞いてみるとアメックス提携ホテルでは空き部屋があってアメックスでの支払いを済ませているとこういったサービスが提供されることがあるとの話でした。旅行などに特化したサービスの多いアメックスらしさが感じられる場面でした、

■あらゆるシーンで活用できるアメックス

日々の支払いを可能な限りアメックスに集めることが出来るぐらいにアメックスの加盟店は増えてきています。これはアメックスの信頼あるブランド力によって確実に解明店を増やしているということの裏づけともなっていますね。最近のアメックスで支払えるものといえば日々の買い物・ネット通販などはもちろんのこと携帯電話の支払いといったものまで幅広く対応が可能となっています。また現金で支払っていたものをアメックスに変更することによってポイントが貯まったり優待価格といったサービスも受けれるなど現金には無い特典も手に入れることができます。

日本でもアメックスのブランド力は強く携帯電話や固定電話・そしてインターネットの料金といった通信費のほかに電気やガス料金といった公共料金の支払いにも対応してきています。JCBと連携したこともあって日本の多くのクレジットカード加盟店ではアメックスによる支払いも可能となっているのです。つまり日常の多くの支払いをアメックスがあれば完了させることが出来るようになってきました。。

またアメックスの活用方法は各種支払いに留まりません。あの年会費の高さからも分かる高級感あるサービスによって日常に新しい付加価値を提供してくれます。アメックスが提供しくれているサービスというのはトラベルに関するもの食事に関するものが特に非日常を与えてくれると思っています。アメックスというブランドの利用はやはり料金の支払いに留まってしまってはいけないように感じます。旅行であればアメックスを利用することによって空港から自宅までの荷物を運んでもらうといった手間が省けたり、困ったときはデスクに問い合わせが出来るなど手厚いサービスが期待できます。また国内であればアメックスの提携店に出向き所定のコースをアメックスで支払えば2人以上で一人が無料になるといったサービスが提供されていたりもします。こういった普段はなかなか体験できないことを実現してくれるのもアメックスの魅力となっているのです。

支払いに使用するクレジットカードだけではなく、日常の様々な面でアメックスを利用する価値があると思っています。アメックスがブランドして提供してくれているサービスは他のクレジットカードには付帯されていないものが多くあります。日常に新しい価値を付加するためにも是非アメックスのクレジットカードを上手く活用してもらいたいと思います。

■アメックスゴールドの付帯サービスとブランド力

アメリカンエクスプレスの中でブランド独自のサービスを特に感じられるのがゴールドカード以上でしょう。グリーンカードでも十分な付帯サービスと利用価値はあるのですが、ゴールドになるとそれがさらにすばらしいものになっていきます。グリーンカードではなくゴールドカードだからこそ付帯されているアメックスのサービスに注目してみましょう。

・ゴールドダイニング
アメックスのゴールド以上の利用者に向けて提供されているレストランの予約サービスです。アメックスがブランドとして提携しているレストランで様々な優待を受けることが出来ますが、特に人気の高いのは所定のコースに限って2名以上での予約で1名が無料になるサービスでしょう。アメックスが提携している信頼のあるレストランでこのようなサービスを受けられるのはアメックスならではであると考えることが出来ます。

・プリファード・ゴルフ
ゴルフをプレイする方に特に人気なのがこちらのサービス。通常は年会費295ドルを支払って入会するシステムになっているのですが、ゴールドカード会員ではなんと無料で入会することが可能となっています。所定の海外ゴルフ場でのプレイが1名分無料になるなどのサービスが付帯されておりこれだけでも利用価値は十分に高いものとなっています。

・キャンセルプロテクション
あまり聞きなれない言葉かもしれませんがどのようなサービスなのでしょうか。アメックスのサービスの中には急な出張や病気によって、アメックスのクレジットカードを利用して購入した旅行やコンサートなどのキャンセル費用を年間10万円まで補償してくれる保険がありこれのことを指しています。利用の条件について少し条件が複雑ですので、利用できるかなと思ったときには早い段階でアメックスのサービスデスクに内お容を伝えて確認しておくことが大切でしょう。

アメックスのゴールドともなればブランドとして提供されているサービスも格段に良いものになります。多くの場合は実際には自分で手配する必要があるものが、ブランドにサービスとして付帯されているものがあります。また年会費についても改めて支払う必要が無いものばかりであり、それだけで活用すればアメックスの年会費を凌駕しそうな勢いでもあります。年会費以上の価値は随所に用意されていますので、全ては活用できなくとも自分が活用できるアメックスブランドだからこその価値をぜひ体験してみてください。

■ブランド力の高いアメックスもなぜ普及しないのか

アメックスといえばクレジットカード好きなら一度は入会してみたいクレジットカードブランドの一つでしょう。誰が見てもアメックスと判断できるあの独特なカードの色や絵柄は見る人の心をつかむものがあります。しかしながらアメックスホルダーというのは有名な割にはそこまで多くはありません、なぜなのでしょうか。

その理由として一番に考えられるのが憧れがあっても年会費という現実の壁があるからでしょう。アメックスの年会費は最低12000円、ゴールドやプラチナになると数万円から十数万円の年会費が必要となっており憧れだけではなかなか持つことの出来ない価格設定となっています。逆にこのほかのクレジットカードを寄せ付けない年会費の設定がアメックスのブランド力を示しているという考え方も出来るでしょう。

二つ目にサービスが付帯されすぎて活用しきれないからということがあるでしょう・クレジットカードの付帯サービスと年会費はつりあうように作られています。年会費が安ければそれだけ付帯サービスも少なく年会費が高ければ高いほど付帯サービスが多くなるのが一般的です。アメックスも年会費は高い部類に入りますので付帯サービスはもちろん多くなっています。そのためしっかりとクレジットカードを活用すれば年会費以上の価値を生み出すことも難しくはありません。逆にそこまでクレジットカードの付帯機能を使わないのであればただの年会費の高いクレジットカードになってしまいます。海外旅行などをする方は付帯機能を十分に活用できるとは思いますが、国内だけで付帯機能を有効活用しようと思うと飛行機を多く使うなど用途が限られてしまいます・

アメックスのブランドとしての価値は上記二つではありませんが、年会費に対して考えるとどれもそれ以上の価値があると考えられています。しかしながらこれは上記でも述べたように活用できた場合であり、活用できないのであれば無料のクレジットカードのほうが使い勝手が良いと考える人も居るようです。ここが普及が進まない理由となっているのでしょう。
アメックスは年会費以上の価値があるクレジットカードであると断言することが出来ます。名前のブランド価値だけではなく、提供されているサービスもブランドの名に恥じないものとなっています。まだ日本では他に有名なクレジットカードが多くあり普及枚数は少なめですが、どんどんアメックスのブランド価値を理解して利用してもらえればと思います。