世界最大規模!?VISAブランドについてどこまで知っていますか?

■VISAは5大国際ブランドのひとつ

クレジットカードには国際ブランドがあります。
クレジットカードは日本で発行しても、世界中の加盟店で使うことができます。
これは国際ブランドが付帯しているためです。
世界共通の決済方法となるので、国際ブランドが付いていないとどこでも使うことはできません。

国際ブランドには、以下のようなものがあります。

・VISA
知名度やシェア率では、世界ナンバーワンの国際ブランドです。
とりあえずVISAのクレジットカードは1枚は持っておけ!と言われるくらいです。
最初の1枚としてもVISAはおすすめされています。
VISAはアメリカで生まれたクレジットーどブランドで、自社発行ではなくすべて提携クレジットカードとして発行されています。

・マスターカード
VISAには及びませんが、世界中で使いやすい国際ブランドです。
マスターカードは日本ではそれほどポピュラーではないのですが、VISAがあればマスターカードはなくても良いか…と思われることが多いためのようです。
マスターカードもVISAと同様、自社発行のクレジットカードはありません。
すべて提携クレジットカードとなっています。

・JCB
日本で生まれた国際ブランドがJCBです。
日本国内では強く、加盟店も発行枚数も非常に多いです。
海外でのシェアは少ないですが、日本人観光客が多いところ(ハワイや韓国)では、JCBカードが使える加盟店も多くなっているようです。
JCBはプロパーカードのほか、提携クレジットカードも発行されています。

・アメリカンエクスプレスカード
通称アメックスと呼ばれる国際ブランドです。
プロパーカードは年会費も高く、ステータスも高いのが特徴です。
アメックスならではのサービスも多く、上質なサービスを受けたいならおすすめでしょう。
ただ加盟店が少ないため、メインのクレジットカードとしては使いづらい面があるようです。
近年は提携クレジットカードも多く発行されています。

・ダイナースクラブカード
富裕層向けに発行されたクレジットカードで、ステータスは非常に高い国際ブランドです。
世界で初めてのクレジットカードとしても知られています。
アメックスのように加盟店は少なく、ポピュラーなクレジットカードではありません。
発行されているのはプロパーカードのみとなり、提携クレジットカードはありません。

以上が5大国際ブランドになります。
ディスカバーと銀聯を加え7大国際ブランドとする場合もありますが、日本ではVISAをはじめとした5大国際ブランドを知っていれば十分でしょう。

■VISAは会員数が多い国際ブランド

クレジットカードの国際ブランドの中で、一番人気が高いのはVISAです。
アメリカで生まれた国際ブランドですが、現在は世界中にネットワークが広がっています。
日本でもVISAのクレジットカードがあれば、不自由はしないと言えるでしょう。

クレジットカードの会員数を比較すると、ダントツで多いのはVISAです。
マスターカード10億、アメックスとダイナースクラブ1億、JCB0.7億となっているのですが、VISAは20億となっています。
会員数が多いマスターカードと比べても、VISAは2倍の会員数を誇っている国際ブランドなのです。

クレジットカードは、1人1枚しか持っていないわけではありません。
日本では1人3枚は持っているのが平均です。
3枚クレジットカードを持っているとしたら、そのうち1枚はVISAがあると言って良いでしょう。

アメックスやダイナースクラブをメインのクレジットカードと使っている人もいますが、すべての場所をカバーするのは難しいです。
アメックスやダイナースクラブは加盟店数が少ない国際ブランドですので、場所によってはクレジットカードが使えないことが想定されます。
クレジットカードを使おうとして現金を持っていないときに、「使えない」となると困りますよね。
そこで持っていると便利なのがVISAです。
クレジットカードが使えるところはほぼVISAに対応していると思われます。
サブのクレジットカードとしてVISAがあれば、現金で支払いをしなくても良いとなるのです。
そのためVISA以外の国際ブランドのクレジットカードをメインにしている人でも、VISAブランドのクレジットカードを持っているというわけです。

また国内では強いJCBカードですが、海外に行くと加盟店が少なく使い勝手が悪いという面があります。
国内では使えないという場面は少ないでしょうが、海外ではよくあるでしょう。
その時も活躍するのがVISAです。
VISAの加盟店は世界中にありますから、どこにいっても使いやすいクレジットカードです。
国内ではJCBカードをメインのクレジットカードとしているけれど、海外に行くときのためにVISAブランドのクレジットカードを用意しているという人も多くなっています。

クレジットカードは持っているけれどVISAブランドは1枚もない…という場合は、のちに困ることがあるかもしれません。
1枚くらいはVISAブランドのクレジットカードを発行しておくと良いでしょう。

■VISAブランドの加盟店が多い理由

クレジットカードの国際ブランドの中でも、一番加盟店が多いのはVISAです。
VISAは使えるけれど、他の国際ブランドは使えない…というところもあるくらいです。
国際ブランドは他にもあるのに、なぜVISAはこんなにも世界で使われているのでしょうか。

その理由は手数料にあります。
クレジットカードが使われると、加盟店はクレジットカード会社に手数料を支払わなければなりません。
この手数料は国際ブランドにより異なるとされています。
VISAとマスターカードは2%~3%、JCBは3%~4%、ダイナースクラブは4%~5%、アメックスは5%超という数字になっているそうです。
これを比べると、VISAは手数料が低く設定されていますよね。
ダイナースクラブやアメックスに比べると、約半分の手数料で済むのです。
100万円売上があれば2%のVISAだと20,000円の手数料を支払えば良いですが、5%のアメックスだと50,000円にもなってしまいます。
同じ売上でも、使われるクレジットカードにより利益が違ってきてしまうのです。
それならVISAだけ使えるようにして、あとのブランドは使えないようにした方が儲かるというわけです。

加盟店に手数料を支払いたくないなら、クレジットカードを使えないようにすれば良いと思いませんか?
すべて現金で支払ってもらえば、クレジットカードに手数料を支払わなくてすみます。
しかしクレジットカードが使えないことにより、売上が下がってしまう現実があります。
現在は意図的にクレジットカードを使うという人が増えています。
クレジットカードはポイントがたまり、現金で支払うよりお得だからです。
そしてクレジットカードが使えないと、高額のものが売れないということも起こります。
手持ちの現金がないので、買いたいけれど買えない…となり、クレジットカードが使える別の店舗で買おうとなってしまうのです。
そうなると売り上げが減ってしまいますよね。

加盟店側からするとクレジットカードが使えることによるメリットは大きいので、クレジットカードを全く使えないようにするのは難しいとなるでしょう。
そこで手数料が低いVISAだけは使えるようにしておこう…ということなのです。

すべての国際ブランドに対応している加盟店でも、できればアメックスやダイナースクラブは使って欲しくないと思っているでしょう。
VISAで支払いをした方が、お店側にも喜ばれると言えます。

■VISAブランドはプロパーカードがない

クレジットカードにはプロパーカードと提携カードがあります。
プロパーカードとは、そのクレジットカード会社が単独で発行しているものです。
提携クレジットカードはどこかの会社などと、共同で発行しているものになります

クレジットカードの国際ブランドにも、プロパーカードがあります。
JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナースクラブは、単独でクレジットカードを発行しています。
JCBを例にとってみるとJCB一般カード、JCBゴールドカード、JCB EIT、JCB LINDAなどがプロパーカードです。
ライセンスを取得して他社が発行しているものが、提携カードとなります。
楽天カード、イオンカード、セゾンカードなどたくさんのクレジットカード会社がJCBブランドを発行していますが、これらはすべて提携発行されているクレジットカードとなります。

一方プロパーカードがない国際ブランドもあります。
VISAとマスターカードは、プロパーカードはありません。
現在発行されているVISAブランドのクレジットカードは、すべて発行元がライセンスを取得して発行されています。
日本では三井住友VISAカードが発行するクレジットカードがVISAのプロパーカードと思われていることがあるようです。
クレジットカード会社名に「VISA」と入っていますので、プロパーと思われても仕方がないでしょう。
しかし三井住友VISAカードは、VISAのライセンスを取得して発行しているクレジットカードになります。
VISAブランドの単独で発行している、プロパーカードではないのです。

プロパーカードがないことにより、経営が安定するというメリットが出てきます。
クレジットカードの発行にはコストがかかります。
クレジットカードを発行したものの、貸し倒れを起こされるリスクもあります。
そのため経営が圧迫され、サービスが低下するといったことも起こり得てしまうでしょう。
最悪経営危機に陥り、身売り…なんてことにもなりかねません。

提携クレジットカードしか発行していないVISAは、ライセンス契約により手数料を徴収し利益を得ています。
自分は何もしなくても提携クレジットカードが発行されれば、お金が入ってくる仕組みなのです。
VISAは加盟店が多く、会員数が多い国際ブランドです。
これからもどんどんVISAブランドのクレジットカードは発行されると思われ、手数料による利益が減ることは考えにくいでしょう。
VISAのやり方は賢いですね。

■日本でも多いVISAブランドのクレジットカード

VISAはアメリカで生まれたクレジットカードの国際ブランドです。
正式名称は「Visa International Service Association」といい、それを略してVISAと呼ばれるようになりました。

VISAは1958年に誕生し、日本では1968年に発行が開始されました。
発行元は今の三井住友VISAカードです。
社名にVISAブランドの名前がついているだけあり、VISAとの関係は親密だと言えます。

今では三井住友VISAカード以外でも、VISAブランドのクレジットカードは多数発行されています。
日本でもJCBと並び、VISAは発行枚数が多い国際ブランドです。

現在VISAブランドのクレジットカードを発行しているのは、三井住友カード、セディナカード、イオンカード、三菱UFJニコス、ジャックス、クレディセゾン、楽天カード、エポスカード、トヨタファイナンス、エムアイカード、オリコカードなどです。
日本の主要のクレジットカード会社のほとんどが、VISAブランドのクレジットカードを発行しているのです。
これだけあれば、1枚くらいVISAカードを持っているのは当然かもしれません。

この中でVISAと加盟店契約会社は、三菱UFJニコス、クレディセゾン、三井住友カード、ユーシーカード、すみしんライフカード、セディナカード、楽天カードになっています。

VISAは銀行系のクレジットカード会社とのライセンス契約が多いとされるブランドです。
銀行が発行しているデビットカードは今でこそJCBがありますが、以前はVISAしかありませんでした。
しかし今では銀行系だけでなく信販系、流通系、EC系などいろいろなクレジットカード会社とライセンス契約をしています。
人気のクレジットカードもVISAブランドが発行されていることが多く、より身近な存在に感じられそうな国際ブランドでしょう。

VISAは現在のところ消費者金融系との提携はしてないようです。
消費者金融系はクレジットカードを発行しているといっても、キャッシングがメインとなります。
イメージがあまり良くない部分があり、VISAブランドの価値が下がるのを懸念しての判断と見られています。
ただ消費者金融系のクレジットカードは、非常に数が少ないです。
現在発行されているのは、アコムのACマスタカードくらいしかありません。
もっとたくさんのクレジットカードが発行されていれば、一つくらいはVISAブランドが登場していた可能性はあるでしょう。